太陽光発電 悪徳業者
<< 第68回・・・!! | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



 拍手と一緒に ひとこと いただけると嬉しいです。
  拍手する  
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

2017年12月31日

第68回 NHK紅白歌合戦

いよいよ本日ですね!

 

内村さんと有村架純ちゃんとにのちゃんと。

とっても和やかな司会陣で、きっと良い紅白になるに違いないと思っています。

 

特に今回、去年唖然とした審査方法について改善がいろいろされていて

より公正でより明確な審査方法になっています。

折角のスマホアプリも投票には使わず、家にあるデジタルテレビでインターネットを使っての投票。

今まで、手に付けて来なかったけど、Wi−Fiにつないでデータ放送とネットをつなげ、投票に備える仲間多数。

みんなが、白組をにのちゃんを全力応援です!!

 

カウコンも20周年ってことで、その記念すべき回ににのちゃんが立ち会えないのは寂しいけど

録画で魅せてくれるとおもうので楽しみにしています。

 

 

29日からの紅白リハーサルのネット記事がどれもよかったので記録として置いておく。

 

嵐・二宮和也、紅白勝利宣言「優勝旗を持ちたい」- 秘策は審査方法!?@マイナビニュース

 >勝つための秘策を聞かれると「審査方法」と答え、「去年は気付いたら死んでたので、

  今年はそこからきっちりやって勝っていきたい」と、昨年問題視された審査方法に言及

  して笑いを誘った。

 笑いを誘ったって書いてあるけど、にのちゃん絶対「本気」だよね!

 相葉くんが負けちゃった事実をどうにか払拭したい!ほんとそんな気持ちが表れてて

 胸が痛くなる。

 

嵐、紅白リハ会見全文 息ピッタリの仲良しトーク<紅白リハ1日目>@モデルプレス

 

二宮和也の“強がり”、相葉雅紀&松本潤の“フリフリ”…全体リハで見たジャニーズ勢の小ネタまとめ<紅白リハ2日目>

 

初の紅白取材…嵐の人気の秘密を垣間見た@スポーツ報知<コラム>

 初めて紅白を取材した記者さんが嵐くんに触れてくれています。

 いつもどんなときもどんな人にも丁寧に対応している実績がよくわかるね。

 Blast in Hawaiiの囲い取材のときも、雨が降って来て記者さんのICレコーダーのこと気遣ってた嵐を思い出した。

 おは朝のコメンテーターさんも関心してたな。

 

【紅白リハ】内村光良、今のところ絶好調「ニノ、かすみんよろしくぅ!!」櫻井翔、JUMP、Sexy Zoneも登場@テレビジョン

 友達として(?)きてくれた翔さん

 ありがとー(´;ω;`)

 カモナでお尻ふりふりしながら踊るにのちゃんもぜひ映りますように・・・

 

大野智&二宮和也、千手観音ダンス挑戦も「じゃれあってるだけ」@マイナビニュース

 >それを見た大野も二宮の後ろにまわり「千手観音ダンス」に挑戦した。

  しかし、そのゆるい雰囲気に内村光良から「ただ友達がじゃれあってるだけ」とつっこまれていた。

 翔さんの「友達です」しかり、今年の嵐は、二宮くんのお友達というコンセプトなのかなー (*´ω`*)

 みんな居るよ!ってことだね!嬉しいな。

 

相葉雅紀&有村架純、昨年司会コンビ復活「応援しに来ました」- 紅白リハ@マイナビニュース

 相葉くんも曲紹介してくれるんだ♪

 

◆嵐・二宮和也、紅白勝利宣言「優勝旗を持ちたい」- 秘策は審査方法!?◆マイナビニュース

大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15〜23:45)で白組司会を務める嵐の二宮和也が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われたリハーサルに参加。総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良、紅組司会の有村架純と共に取材に応じ、白組勝利への熱い思いを語った。

総合司会の内村光良と紅組司会の有村架純
二宮は、2010年から嵐として5回連続で白組司会を務めたが、個人として司会を務めるのは今回が初めて。「5人でやっているときはほとんどしゃべってない。名前も言ったことがない」と言い、「今年初めて『二宮和也です』って言うのが新鮮」と話した。

そして、「今年は勝つ。絶対に勝ちますよ」と優勝宣言。勝つための秘策を聞かれると「審査方法」と答え、「去年は気付いたら死んでたので、今年はそこからきっちりやって勝っていきたい」と、昨年問題視された審査方法に言及して笑いを誘った。

嵐として司会を務めたときに優勝経験のある二宮だが、「優勝旗を持っているのはリーダー(大野智)」だと言い、「僕は1回も触ってないので、持ってみたいなっていうのはあります」と熱望。そんな二宮に対し、有村も「負けたくないです」と勝利への思いを語った。

今年の紅白のテーマは、昨年に続き「夢を歌おう」。通算成績は紅組31勝、白組36勝。昨年は紅組が2年連続で勝利した。

 

◆嵐、紅白リハ会見全文 息ピッタリの仲良しトーク<紅白リハ1日目>◆モデルプレス

【NHK紅白歌合戦・嵐/モデルプレス=12月29日】嵐が29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」のリハーサルが行われている東京・渋谷のNHKホールにて、報道陣の取材に応じた。
― 今年は二宮さんが一人で司会ということで、取り組み方とか違いますか?

櫻井翔:違いますか?一人だと違いますか?

二宮和也:今のところそんなに感じてないですけど、そこまで今日読み合わせをしてやっと始まったという感じですね。

― 他のメンバーはどうですか?

櫻井:去年、相葉がやって一人でやるのは2人目なので。

― 相葉くんから見てどうですか?

相葉雅紀:そうですね。肩の荷は下りてます。正直ね(笑)。

櫻井:でも去年負けちゃってるからね、白組が。

相葉:そうなんだよね。優勝旗持ちたかったんだけどね。

― 持てるかと思いましたけどね。

相葉:そう!ね!?視聴者の数だけ見るとね、「あれっ?」っていう(笑)。

― でも先程、二宮さんは勝つ秘訣は「審査方法」だと。

二宮:そうそう。

松本潤:変わってるんだよね?審査基準がね?

二宮:今年は変わってるんだよね。

相葉:いやー、完勝してほしいね。

― 大野くんも去年はびっくりしてましたもんね。

大野智:びっくりでしたよ。僕、後ろで優勝旗持とうとスタンバイしてたけど…

相葉:それもおかしいんだよ?俺が持たないといけないから(笑)。

― 今年も?

大野:今年は狙ってます(笑)。

松本:全力で止めにいこうと思ってます。

― 司会者は持ちたいですよね。

二宮:そりゃそうですよ。持ちたいというか僕が持つもんですから。

― 失礼しました。でもまた今年こうして年末に紅白に出られるということでいかがですか?

櫻井:うれしいですよね。来る途中に話してたんですけど、大みそかだな、年の瀬だなと思いますし、1年の活動のご褒美にこうして出させていただけるのはうれしいですね。

― 気持ちが引き締まるというか。

櫻井:引き締まるし、1年が締まりますよね。実際にはその後カウントダウンライブとかもあるんですけど、NHKホールに来ると。

相葉:緊張感もあってね。

― 今年1年振り返ってどんな1年だったか、それぞれ漢字一文字でお願いできますか?

松本:それぞれ?一人ずつほしいですか?

― 今年まだやってないですよね?

松本:やってないです。

― 嵐としては決まってるんですか?

櫻井:平和の「和(わ)」。今年はSexy Zoneのみんなとイベントやったりとか、今まさにツアー回っている最中なんで5人で一緒にいる時間も多いですし、なにより二宮和也先生の「和(かず)」ということで推したいなと思っております、嵐としては。

二宮:上手くまとまってるんでお願いします(ぺこり)。

― じゃあ一人ひとりはなし?

二宮:これ以上越えるものは…。

松本:越えるものは…。(相葉に対し)ありますか?

― じゃあ相葉さんなにかよかったら!

相葉:よかったら(笑)?

― 個人的にでも。

相葉:個人的な話していいんですか?今年僕初めて富士山に登ることができて、ずっと行きたい行きたいと言っていたことができたということで「山」。

二宮:「登」じゃなくて「山」なのね。

櫻井:そっちなんだ?プロセスじゃないのね(笑)。

相葉:言わないほうがよかったですね(笑)。

― 聞いてよかったなと思います。

松本:やっぱり「和(わ)」がいいよね。「和(かず)」がいいよね。

― 相葉さん、「和」推しで大丈夫ですか?

相葉:大丈夫です。

― 今年はやり残したことはないですか?

大野:もう終わっちゃいますしね。

― そうなんですけど(笑)。

二宮:やりきるほうが、今は。そっちにベクトルが向いてるんじゃないかなと思いますけどね。

櫻井:例年そうですけど今まさにツアー中で、今年の秋口ぐらいから皆でずっと一緒にいたので。皆のこと本当テレビでよく見たけど、それ以上に5人でいる時間も多かったなと思いますね。

― 紅白のステージはどんな演出か言える範囲で教えていただけますか?

松本:今回180人ぐらいのダンサーの方に入っていただいて、皆でひとつの円を作ったりするんですけど、わりと…激しいです。

― 激しい?

相葉:アナログとハイテクが入り混じった感じ。

櫻井:最先端技術がね。

― そこはまた松本さんが演出を?

松本:いやいや。そこはNHKさんが決めてくださった楽曲をメドレーでやらせていただきます。アナログのマンパワーとデジタルの技術を駆使したものになる予定です。僕らもまだリハやってないので直接は見れてないんですけど。面白そうです。楽しみにしていただければ!

松本の話に聞き入っていた櫻井:あ、聞いちゃってた!ごめんなさい!「和」ですね。
 

◆二宮和也の“強がり”、相葉雅紀&松本潤の“フリフリ”…全体リハで見たジャニーズ勢の小ネタまとめ<紅白リハ2日目>モデルプレス

【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月30日】30日、東京・渋谷のNHKホールで「第68回 NHK紅白歌合戦」の出演者顔合わせ・セレモニーが行われ、総合司会のウッチャンナンチャン内村光良、紅組司会の有村架純、白組司会の嵐・二宮和也をはじめ、出演者が集結した。ここでは、記者が見たジャニーズ勢の“小ネタ”を紹介。
「第68回 NHK紅白歌合戦」出演者顔合わせ・セレモニー(C)モデルプレス
「第68回 NHK紅白歌合戦」出演者顔合わせ・セレモニー(C)モデルプレス
相葉雅紀&松本潤、バナナマンにお手振り
客席後方にいた、紅白の副音声「紅白ウラトークチャンネル」の司会を務めるお笑いコンビ・バナナマンに、嵐の相葉雅紀と松本潤が満面の笑みで手を振る場面が。

まず、ステージを見渡していたバナナマンに相葉が気づき手を振ると、松本も相葉の方に体を寄せ、手を“フリフリ”。ファンの間では、“泣き虫”コンビとも呼ばれる相葉&松本。2人の可愛らしい仕草に、バナナマンも笑顔で手を振り返していた。

Sexy Zone、Hey! Say! JUMPの「Come On A My House」にノリノリ
トップバッターを務めるHey! Say! JUMPは、10枚目シングル「Come On A My House」を歌唱予定。“グランドオープニング”後のステージとなり、サビではステージ上の出演者も振り付けで参加する。

この日は、Hey! Say! JUMPを中心に出演者全員で振り付け確認をする場面も。その後、音ありで行われた「Come On A My House」のリハーサルでは、中島健人をはじめSexy Zoneの面々がノリノリで参加する姿が見受けられた。

二宮和也、敗北に“強がり”
結果発表のシミュレーションでは、紅組勝利・白組敗北でリハーサル。紅組司会の有村は、優勝旗を受け取り「嬉しいです!」と笑顔でコメント。内村が「白組は負けてしまいましたが、どうですか?」と白組司会の二宮に質問すると、「いや、本番勝つために今は負けておきます!」と強がりで笑わせた。

このほかにも、相葉が五木ひろしと仲良く談笑したり、相葉・櫻井翔と三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーが会釈をしたり、紅白のステージならではの絡みが見られた。

 

◆初の紅白取材…嵐の人気の秘密を垣間見た◆スポーツ報知 <コラム>

4月に社会人となり、芸能を取材する部署に配属されて4か月が経過した。これまで数々の芸能イベントを取材してきたが、29日、芸能記者にとって最大のイベントのひとつである「NHK紅白歌合戦」の取材デビューをした。毎年のように実家で紅白を見ていたため、楽しそうという淡い気持ちを抱えていたが、リハーサル一日目の取材を終えた感想は“和んだ”だ。

 この日、10時半にNHKホールに到着。入り口で取材受付を済ませて、目の前にある階段を下ると、ざっと200人以上の人で、広いはずのロビーが埋め尽くされていた。多くの人が予防のためマスクをしていて、異様な光景だ。人をかき分け、リハーサルが行われているホール内に入ると、「あ、思っていたより会場って小さいんだ」。テレビで見ると大きい会場というイメージがあったが、思いのほか狭い。豪華と言うより、アットホームだった。

 紅白は本番の一発勝負に近いと思っていたが、リハから本番さながらのパフォーマンスと緻密な音合わせ。視聴者に最高のステージを届けるために、局も出演者も妥協無しだ。緊張からか、マイクを持つ手が震えている出演者もいるほどだった。

 リハーサルは常に緊張感が漂っていた。熱の入ったパフォーマンスを見ていると、思わず取材であることを忘れてしまうことも。郷ひろみと登美丘高校ダンス部とのコラボに歓声をあげ、ゆずの熱唱に涙し、三浦大知のパフォーマンスに酔いしれ、歌番組でよく見る「星野源でした〜!」が飛び出すと嬉しくなった。

 一方で、同時多発的に行われる囲み取材の繰り返し、巨大要塞のようなNHK本館で迷子になるなど戸惑うことばかり。紅白初取材と意気込んでいたが、夕方を過ぎる頃には身も心も疲れてきた。

 そんな疲労をほっと温かい気持ちにさせてくれたのが、人気アイドルグループ「嵐」だった。今年はメンバー主演映画・ドラマが多数公開。6年連続9度目の5大ドームツアーを開催中で、最終的に85万5000人の動員を見込む。紅白は9年連続出場。司会もグループで5年連続務め、昨年、相葉雅紀(35)、今年は二宮和也(34)が就任した。

 午後8時45分頃。「まもなく嵐さんの囲み取材が始まります」とアナウンスされると、その日一番の取材陣が集結。嵐は到着すると、まずフォトセッションに応じた。カメラマンから「ポージングお願いします」と要望を受けると、すっと、全員がガッツポーズ。相談もせず、目を合わせることもなく、期待に応える姿にデビュー18年の重みを感じた。

 フォトセッションを終えると、囲み取材。ホールの入り口にある階段をメンバーは4段ほど上がり、それを報道陣が下から見上げる形式で行われた。取材が始まる前に報道陣が録音するために後ろから前へ、次から次へとボイスレコーダーが手渡され、最前列に陣取っていた人はそれを床に置いていたが、約50個をさばききれずにいた。すると、嵐のメンバーは前へと差し出されているレコーダーをすっと手に取り、床に置いたのだ。恩着せがましいのではなく、「はいはい」「これも?」と自然に。そんなことをさせていいのかと内心冷や冷やしていたが、周囲にいる先輩記者たちは、その姿に焦らず。“嵐だから”と許される光景に驚かされた。トップアイドルに登りつめても、決しておごらず、自然の振る舞いにも優しさを持ち合わせている。謙虚で庶民的な感覚の5人が愛される理由が分かった気がした。

 嵐は取材中、今年1年を漢字で「和」と表現した。「今年はSexy Zoneのみんなとイベントをやったり今ツアーを回らせていただいて5人でいたり、なにより二宮和也先生の“和”という字を嵐としては推したい」と櫻井。大変恐縮だが、疲れた心が嵐の行動で和んだので、記者の紅白デビューも漢字1字で「和」とさせていただきたい。(記者コラム)

 

◆【紅白リハ】内村光良、今のところ絶好調「ニノ、かすみんよろしくぅ!!」櫻井翔、JUMP、Sexy Zoneも登場◆テレビジョン

12月31日(日)に放送される「第68回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)のリハーサル(3日目)が東京・渋谷のNHKホールで行われ、総合司会・内村光良、紅組司会・有村架純、白組司会・二宮和也が登場した。
いよいよ本番当日を迎えた。会見では「徐々に緊張していくんでしょうね」と自身のメンタルを不安視していた内村。しかし、順調にリハーサルをこなし、二宮&有村にMCを振る場面では「ニノ! かすみん! よろしくぅ!!」と絶叫する一幕があった。

また、内村はHey! Say! JUMPの「Come On A My House」の最終調整を見届け、バシッとダンスを決めた9人に「よかったね!」と感慨深げに目を細めた。

二宮は、前日に覚えた「Come On A My House」の振り付けをこの日も完ぺきに踊る。途中、おしりをフリフリとさせ、ノリノリな姿で後輩のステージを応援した。
リハーサルにはサンシャイン池崎とのホール内での中継も。ハイテンションの池崎を見た内村、有村、二宮は大爆笑。内村は「朝11:00でこのテンションって…」と苦笑いしながらも、元気をもらっている様子だった。

また、進行中、あるアーティストの曲紹介で櫻井翔が登場。二宮が「ここで僕の友達が来てくれました」と櫻井を紹介すると、櫻井も即座に反応し「(二宮君の)友達です」とアンサー。息ぴったりの掛け合いを見せる。

櫻井は紹介したアーティストの曲をステージ上で堪能。歌詞の1文字1文字を、メロディーの1音1音を、聞きこぼさないようにまっすぐとパフォーマンスを見届けた。
Sexy Zoneは「ぎゅっと」を披露。歌唱前に二宮が「では“Sexyメッセージ”をどうぞ!」と中島健人にトークを振ると、中島は「(本番に)乞うご期待」と、リハーサルではおあずけ。

内村光良は二宮と中島のやりとりに「“Sexyメッセージ”って何?」と困惑。中島が「エブリデイSexyです」と返すと、さらに「え?“Sexyランチ”とかあるわけ?」とますます戸惑っていた。

 

◆大野智&二宮和也、千手観音ダンス挑戦も「じゃれあってるだけ」◆マイナビニュース

アイドルグループ・嵐の大野智と二宮和也が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15〜23:45)のリハーサルに参加した。
歌手の水森かおりの出番になると、お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこが千手観音かずことして登場。さらに、大野が「水森さんの衣装がすごいからみんな連れてきちゃったんだよ」とHey! Say! JUMPらを引き連れて現れる。今回水森が披露する「千手観音ダンス」を説明する千手観音かずこは、紅組司会・有村架純の後ろにまわり、振り付けを再現。それを見た大野も白組司会・二宮の後ろにまわり「千手観音ダンス」に挑戦した。しかし、そのゆるい雰囲気に内村光良から「ただ友達がじゃれあってるだけ」とつっこまれていた。

 

◆相葉雅紀&有村架純、昨年司会コンビ復活「応援しに来ました」- 紅白リハ◆マイナビニュース
大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15〜23:45)のリハーサルが31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、有村架純と嵐の相葉雅紀の昨年の司会コンビが復活する場面があった。
この日は、前半のカメラリハーサルを実施。1曲目のHey! Say! JUMPから22曲目の郷ひろみまでの出場歌手が参加し、総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良と桑子真帆アナウンサー、紅組司会の有村、白組司会の嵐・二宮和也も本番通りの流れで進行を務めた。

21曲目の島津亜矢の歌唱が終わった場面で、司会のポジションに相葉が登場し、昨年の司会コンビの2ショットが実現。有村が「相葉さん来てくださったんですね」と喜ぶと、相葉は「応援しに来ました」と声をかけ、有村は「去年の紅白が懐かしいですね」と笑顔を見せた。そして、前半最後となる郷ひろみの曲紹介を相葉が担当。ステージの準備を待っている間には、2人で楽しそうに談笑していた。

29日に行われた司会者の囲み取材では、相葉と二宮の司会を有村が比較。相葉については「一生懸命に、がむしゃらにステージに立ってらっしゃった。自分も一緒に頑張ろうという気持ちにさせてくれる方」、二宮については「いい意味でマイペースで自然体で、緊張はしてるんだろうけどあまり感じられないというのがリラックスさせてくれる」と話していた。



 拍手と一緒に ひとこと いただけると嬉しいです。
  拍手する  
posted by: | にのちゃんゴト | 15:15 | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト



 拍手と一緒に ひとこと いただけると嬉しいです。
  拍手する  
posted by: スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - | - | - |
コメント